- 星野亨斉70歳を祝う窯出しの会 -

 
流心窯 2009.7.19
 
 

 
  ”窯出し”に向けて(薪割り、窯詰め、窯焚きなど)  
 
 
 

薪作り (1回の窯焚き:4トン車2台分)

棚板の整理(釉たまり等を除去)

 
 

 
 
 
 
窯詰め、始まる
窯詰め、8割かた終了
 
 

 
 
 
 
窯焚き、昼間担当
(7月6日〜12日、約6日間の焼成)

10分ごとの薪投入、夜間担当
(24時間2交代)

 
 

 
 
 
 

正面の焚き口
窯内温度1300℃超 (7月10日)

薪投入、2,3分後の煙突
(新たに、炎・煙を抑えるよう改造)

 
 

 
 
窯出しの会 (7月19日)
 
 
 
 

開会 (司会は一門の江橋氏)

お客様からご挨拶をいただく
 
 

 
 
 
 
お客様からご挨拶をいただく
乾杯のご発声
 
 

 
 
 
 
壇上、花束をいただく
 
 

 
 
 
 
御礼と今後の抱負などご挨拶
お客様席
 
 

 
 
 
 
お客様席

お客様席
(ご出席者110名余)

 
 

 
 
 
 
余興、演歌歌手の小桜舞子さん(テイチク
菊地氏(元ウルトラマン)と小桜舞子さん
 
 

 
 
 
 
窯出し儀式
(窯出しした茶碗を使っての献茶)
同左
 
 

 
 
 
 
窯出し儀式
(窯出しした茶碗を使っての献茶)
同左
 
 

 
 
 
 
お使いの茶碗を記念として贈呈
お客様と小桜舞子さんと
 
 

 
 
 
 
 
 

窯出し開始、窯入口レンガを外した後(7月19日13時)

 
 

 
 
 
 
お客様と
(薪の手配でお世話になっている)
小桜舞子さんと
 
 

 
 
 
 
お客様と
お客様と話がはずむ小桜舞子さん
 
 
 
 
 
 
 
 
そろそろお開き、お客様のお帰り
お帰りのお客様にご挨拶
 
 

 
 
 
 
お帰りの客様と記念の撮影